~ 新源工房 ~

木々を色々にかたどって、日常に溶け込むカタチにしています。

新の意味

《中国から渡来した字の源》

新は、「斤+木+辛」

「辛(シン)=刃物」

「斤(キン)=斧で木を伐る」

だから、原義は「刃物で木を伐ってつくる薪(まき)」を意味する。

しかし、その後「新しい切り口のさま」を意味するようになった。

「木の切り口のみずみずしさ」「色や香りの鮮やかさ」が感じられるほか、

「森にあっては水を出す木もあり、薬効成分を出す木も存在する」ようなことから、「新しい・今までにない状況を生み出す力を持った」という意味が生まれ出た。

 

《 和語の源 》(非常に難しく、今もって定説がない)

 

もともとは「新玉(あらたま)」という「新年に大王に奉納する新しい勾玉(まがたま)」の制度があった。

その言葉から、「新(あら)たし=新(あたら)しい」、「改(あらた)む」

という字ができた。

それ以前の古代では、

「新た」というのは「荒・粗(あら)」であり、

「まだ身体の一部になじんでいない、生の、作りたての」というような意味だった。

 

この「あら(新)たし」が「あたら(新)し」に音転倒して変化したという説がある。

「惜しい・もったいない」を意味する「あたらし」に

「荒々しい」を意味する「あらたし」の意味が乗り移って

音がひっくり返って出来た。

「当(あ)たら」から来ていて、「そのものに相当し、値打ちがある・立派だ・優れている」を意味する連体詞のような働きをするという。

「あたら、貴い命を粗末にして・・・」というように・・・
③ しかし、『古事記』において、「新玉(あらたま)」は「阿良多麻能(あらたまの)」と書き、「あたら」も「阿多良(あたら)」と表記する。ということは、両方とも、「新玉(あらたま)」 から来ているのではないだろうか。「荒・粗(あら)の玉」が「手の中で肌に当って、本当の玉に磨かれる」。また、「荒たへ」の「織り目の粗い、繊維のごわごわした着物」も、「手の肌に当て揉みほぐして行くうちに、着心地のいい着物」になる。大王に献上するには、そういう「手の込んだ作業」が必要だったのではないだろうか?!
④ そこから、「当(あ)つ」という行為があってこそ、単なる物質としての「荒・粗(あら)」が本当に人間にとって値打ちのある「新(あら)」になる。そこから、古代人は、「あらたし」という言葉を「新(あたら)し」に変化させたというようなことが考えられないだろうか・・・
 今年の「新しい」はまだまだ「荒いし、粗雑である」。これを本当にいいものに仕上げるには、「人間ひとりひとりが新しいことを肌で感じ、本当に美しい玉、本当に着心地のいい着物」にしないといけない、ということだろう・・・