~ 新源工房 ~

木々を色々にかたどって、日常に溶け込むカタチにしています。

赤木明登さんの話を聞いて

先日、京都市立芸術大学で、塗師の赤木明登さんの特別授業があり

一般も参加ができるので、授業を聞いてきた。

赤木さんは、3年ほど前に知り、2年くらい前から気になっていた。

なぜ気になったのかは、この方が、とても人気があるからである。

斜陽産業ともいわれる漆業界で、この方の作品は購入待ちだと聞いた。

漆といっても、あふれかえる漆器、のなかで、

なぜ、この方のものが、求められているのか。理由が知りたかった。

1年くらい前に本を読んだが、そのこたえはぜんぜんわからなかった。

(本はそれほどひきこまれなかった)

だから、この機会に、行こうとおもった。

 

授業の題は”器の理(ことわり)~工藝のゆくえ~”

かたい題名である。

2時間座って、授業をきいた。

はじめの5分くらいは、つまらなかったが

自然体で、ゆっくり、自分のおなかの下から

あふれるように出てくることばが

耳に不快感なく、すっとはいり、すこしずつひきこまれた。

 

とくにおもしろかったのは、

その形にある理由をつかむ(知る)ことが

器の生命力をつかむということとつながるんだという話。

 

器には、一見無駄に見える、形(突起など)のものがある。

実際に作っていると、その無駄な形に気が付く。

(なんでこんな手間をかけるんだ。めんどくさい)

 

その時に疑問に感じたことの理由を調べると

ちゃんと納得できる理由がみつかるらしい。

 

例えば、室町時代漆器に、器の口(縁)に、丸いふくらみのある漆器

があったらしい。

その器が気にいって写した(おなじものを作った)。

ふくらみをつくろうとすると、大変な手間だった。

その手間をかける意味がぜんぜん分からない。

そこで調べると、もともと漆器が普及する前の鉄器の形状にもそういう

ふくらみがついている器があった。薄くすると強度的に問題のある鉄の素材の特性上、

ふくらみをつけた。その鉄器を写し、漆器をつくったため。

使われる素材が変わっても、そのふくらみが残ったのだと分かった。

 

そういう風に、形には理由があって、それをつかむことで

自分の表現の選択肢がひろがっていく。それが器の生命力をつかむということ。

 

初めて聞いた話だったがすっと入ってきた。

 

過去からつがれた形には、ちゃんと理由があって、それを知ることで

自分の意思で手放す、変えることができるようになる。

 

赤木さんは、自分の感じた疑問を、遡って調べ、

調べたことを鵜呑みにせず考え、自分なりに確かめられて、

自分の実感のある解釈(軸)をもっている。

話のなかで、何度も、「一般的にはこういわれているけどぼくは~」

「この本にはこう書いてあったけどぼくは~」という独自の解釈の話があった。

自分の腹におちた事だから伝わってくるんだと思った。

結局、人気の理由はわからなかったが、おもしろかった☆