~ 新源工房 ~

木々を色々にかたどって、日常に溶け込むカタチにしています。

源の意味

源には、「水のもと」という意味があります。 もとの語源は、産土(モト)。 み は、身、実、三など、かたちという意味があります。 の はつなぎ。 も は産むという意味があります。 と はあしも“と”土という意味です。 そうかんがえると、 源はかたちをうむ…

新の意味

《中国から渡来した字の源》 新は、「斤+木+辛」 「辛(シン)=刃物」 「斤(キン)=斧で木を伐る」 だから、原義は「刃物で木を伐ってつくる薪(まき)」を意味する。 しかし、その後「新しい切り口のさま」を意味するようになった。 「木の切り口のみ…

神戸学校 ゲスト:清川あさみさん(アーティスト)

「『清川 あさみ』の見つめる世界~表現の先に何が生まれる?~」 というテーマで、清川さんのトークイベントがありました。 清川あさみさんは、糸(縫う)をテーマに活動をされているアーティストですが クリエイターであり、プロモーターの側面も感じる幅…

橒(きさ)

木に雲と書いてきさと読むことを先日知った。 意味は木目。 樹を切った時に出る柄のこと。 なぜ、木に雲でそういう意味になるのかはわからないが、 うつほ物語(最古の長編物語)に出ている語らしい。 確かに雲のような木目はありますが 現代では使われなく…

時代の速度の早さにのみこまれないための視点

お正月。 ゆっくりと家で本を読んで過ごした。 本の内容が、斬新で発想が独特で、頭の中には衝撃が流れた。 “エクサスケールの衝撃” この本によると、指数関数的(1→2→4→8→16...)にテクノロジーが進歩しており それに応じて、社会環境も大きく変わるという…

ふとんで年越しプロジェクト

先日、あることから、年末のふとんで年越しプロジェクト という活動を知った。 www.npomoyai.or.jp この通り、年末年始・食事や寝る場所を提供する 活動が、全国各地で行われているということを知った。 神戸でも。 12月末に実際に炊き出しの現場にいってみ…

漆のよさ(誰にでも分かる)

漆は、ウレタンと似て、塗ると艶が出る。 ウレタンと比較しても、それほど違いはわからない。 では、ウレタンでいいじゃないか。 という方が、よくいらっしゃいます。 確かに見た目では、違いはわかりにくいですが 漆のよさは、その見た目ではなく 手触りに…

手カンナと電動カンナとペーパー仕上げの違い

木を使ったものを仕上げる方法には カンナと紙やすりがあります。 カンナには、手ガンナと電動カンナがあります。 それぞれに、仕上がりが、微妙に変わります。 (見た目にはわからないほどです) 差は、仕上がり面の凹凸の有無です。 木は、材質の固さが一…

へびとはなにか

それは、きもちわるい動きで地面をはう動物、 死生観をあらわす、かたち。 古来から、へびは、その生命力や渦を巻く見た目から 不死と再生の象徴として、 数多くの紋様や偶像になり、残されています。 へびの紋様は、エネルギーを受け取るための装置と 考え…

柳宗悦 著 手仕事の日本という書籍

昨日、手仕事の日本という書籍をかった。 この本は大正時代に書かれた。 今でも発行され、売れ続けている。 (岩波書店から出版されているが 2015年には講談社からも出ている) 時代をこえ、受け入れられてきた考え(言葉)といえるのだろう。 知ったきっか…

木の器を使い初めて感じたこと

実際に、木の器を半年前から、使っている。陶器やプラスチックなどのちがう材の器と、使い心地がどう違うのかは自分で使ってみないと分からないと考えたからである。 使い初めて、あきらかとまでは言わないがふたつの違いに気が付いた。 ・使ったあとはすぐ…

樹のブレスのつけ心地のちがい

種類のことなる木のブレスを持っているが、 樹種によってつけ心地が、ちがうことがわかった。 石のブレスに、数多くの種類があるように 樹も数多くの樹種がある。 パープルハートと沈香のブレスのつけ心地がちがうと感じ そのことから、一定の原則があること…

薪のなかに交じる良材

素材を仕入れに銘木屋に足をはこんだ。 その道の途中に、偶然、材木屋があったのでよると そこは材木屋ではなく、薪屋だった。 そこでは、銘木の端材が薪として販売されていた。 薪としての価値は、乾燥していること。腐っていないこと。 その材が銘木かどう…

赤木明登さんの話を聞いて

先日、京都市立芸術大学で、塗師の赤木明登さんの特別授業があり 一般も参加ができるので、授業を聞いてきた。 赤木さんは、3年ほど前に知り、2年くらい前から気になっていた。 なぜ気になったのかは、この方が、とても人気があるからである。 斜陽産業とも…

【 新源工房のこと 】 来年、6月から、販売開始にむけて、 いろいろと取り組んでいます。 ホームページは、12月中に形にする予定です。 ▼HP▼ 今月中に、 試作品の種類、形を決め、1月中には形にする。 4月には倉庫の加工場が使用できるようになるので それ…